主婦向けカードローンは利用しやすいの?

一般的なカードローン同様、主婦向けもインターネットで申し込みができます。早いものであれば新規申し込み当日に融資を受けることが可能となりますので、急ぎで現金が必要なときにも間に合います。ただし審査に時間がかかることもありますので、すぐに借りられるとは限らないことを覚えておきましょう。

主婦向けのカードローンは融資限度額が少ないので、それに伴って利息は高めに設定されています。特に専業主婦向けはおおむね15%前後の年利となっており低金利ではありませんので、1日も早く返済することが負担を軽減するためのポイントとなります。

パートの人は融資額によっては金利が多少低くなります。しかし、最大限度額そのものがサラリーマン向けよりも少ないので、10%を切るような低い金利にはならないでしょう。
複数のカードローンを利用して負債が増えてしまったときにおまとめローンとして利用できるものもあります。できる限りローンは増やさないことが大切ですが、増えてしまったときは確実に返済するために乗り換えることも視野に入れておきましょう。参考サイトはこちら

専業主婦専用のカードローンの特徴とは?

専業主婦の人はカードローンの借入限度額は低く設定されています。しかし、それに伴うメリットもあります。銀行によって異なりますが、ほとんどの場合は200万円以上の融資額は収入証明書を提出しなければなりません。このような書類を用意するのは面倒ですね。しかし専業主婦の人はこのようにまとまったお金を借りることはできませんので、収入証明書の提出は必然的に不要となります。

またアルバイト・パート専用のカードローンも融資額によって収入証明書は提出しなくてもOKです。ただし審査の結果次第では一定の融資額に満たない場合や職業によって証明書の提出が求められることがあります。

カードローンを利用したい人は、自分がうまくお金をやりくりできるかどうかをよく考えてから申し込みましょう。返済できるようにきちんと計画を立てられなければなかなか完済できず、利息も増えてしまいます。それでは家族にローンのことを知られ仲も険悪になってしまうでしょう。

専業主婦が利用できるのは銀行系カードローン

パートでたくさんの収入がない、あるいは家事や子育てに忙しくて収入がない、という主婦の人はカードローンに申し込むことはできるでしょうか。

その答えは「できる」です。ただし、専業主婦の人は消費者金融業などの貸金業のカードローンの借り入れは不可能です。貸金業は年収3分の1以下しか融資できない「総量規制」という法律で定められていますので、収入がなければ年収の3分の1も0円と計算され融資はできないのです。しかし、銀行法に総量規制は定められていませんので利用できるというわけです。またパートの人も銀行系カードローンなら数十万円までなら融資を受けられます。

専業主婦の方のローンのご利用で心配なのがご主人に知られることでしょう。しかし、その点も心配は無用です。個人情報は守られますので家族に知られることなく、申し込みから融資までもスムーズです。ただし、きちんと返済しなければ何らかの形で知られることになるでしょう。